いけばな教室 BOTANICS のひとりごと

お花について思うことを気まぐれに書いてます。

IMG_3339_convert_20171116145043.jpg

今日は、線で面を構成する です。

花材は、サンゴミズキ、トルコキキョウ、ピンクッション。

サンゴミズキをあえて奥行きをつけず単調にいけることで、うまく平面ができました。
花を上方にいけることで、足元の平面も強調されてますね☆

通常は奥行きをつけて、迫力を出すということを念頭におきますが、あえて平面を作る生け方もあります。
デザイン的な感じが出ますね。単調な枝ぶりの枝物でこのような生け方すると、単調なシンプルな感じの長所が生かせます。
スポンサーサイト
IMG_3312_convert_20171112213435.jpg

今日は曲線と直線の構成です。

花材は、サンゴミズキ、アカレヤシ、トルコキキョウ。

アカレヤシをワイヤーでまとめてうまく曲線を表してます。トルコキキョウを控え目に使うことで、その曲線のおもしろさが際立ってます。とてもいいいけばなになったと思います☆
IMG_3014_convert_20170919131704.jpg

今日は自由にいけていただきました。
花材は、ユリ、孔雀草、ススキ、セージ。


全体的に前に張り出した感じで、迫力が出ました。
垂れ下がったススキと、まっすぐなススキ二つの表情が違って、変化のあるいけかたですね☆
IMG_3006_convert_20170916220309.jpg









今日の課題は塊と線です。
花材は、ススキ、セージ、ケイトウ。
ケイトウは塊を作りやすいですが、ススキやセージはちょっと難しかったですね…。
塊に空間が少しできてしまいましたが、ススキの線がしっかり見えて塊と線になってます。

この生け方は、シャープな感じを出したいときに適してますね☆
IMG_3004_convert_20170912161043.jpg

今日は自由にいけていただきました。
花材は、リンドウ、ケイトウ、コスモス、オンシジウム、南天。

リンドウで高さを出し花器とのバランスがいいですね。
南天の葉が前後に入り奥行きもしっかりついてます。

まだまだ暑いですが、花材は秋らしくなってきました…。